浄水器を価格で決める前の基礎知識

昔は水道から出てくる水をなにも疑問を持たずに飲んでいたものです。

しかし、健康に関心が高まるにつてお水に関する意識も変わってきました。多くの人が水道水に含まれる残留塩素やトリハロメタンといった物質を気にするようになり、そのことによって浄水器が注目されるようになっています。家庭用浄水器の目的は残留塩素やカルキ臭またはカビ臭、そして有機物などを取り除くことです。さらにカビや一般細菌、赤サビなどを取り除くことも目的です。これらをわかりやすく短く言うなら水道水を「おいしくて、安心な水」にすることです。このように言いますと、水道水に問題があるように思われそうですが、水道水もしっかりとした基準に則してクリーニングされていますので安全です。ですので、浄水器はさらに安全にする道具ということになります。

浄水器にはろ材により幾つかのタイプがあります。まずは活性炭式ですが、名前のとおり活性炭でろ過するものです。次はろ過膜をフィルターにすることで水道水に含まれる粒子類の異物を除去する方法です。ろ材膜も1つではなく複数を使うのが主流です。ろ過膜の膜よりもさらに小さな穴の膜を使用してろ過する逆浸透膜式という方法もあります。最後に紹介するのがセラミック式です。セラミック式は微細な孔を持っていますのでろ過に適しています。セラミック式は異物を除去はしますが、ミネラル成分は除去しないという特徴があります。普段の生活において浄水器を使う際はやはりコストの面を考えますと、価格に注意がいきがちです。

ですが、口に入れるものですので価格よりも機能や性能のほうに注意をすることが大切です。価格が安くても健康に問題を起こすなら長い目でみますと、低価格とは言えないことになるからです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *