浄水器の種類を価格から見てみる

浄水器には様々な種類があり、それぞれに価格帯が異なっています。

一般的には浄水器としての性能が高い種類のものほど、価格は高い傾向にあります。更に種類によっては導入に際して工事が必要になるものもあるので、そうなると別途、工事費も発生します。まず比較的、安い価格帯の種類を見ていくと、これは蛇口直結型やポット型のものが挙げられます。

どちらも小型であり、蛇口直結型は文字通り、直接、蛇口につなげるだけですし、ポット型はつなぐと言う手間すら必要ないため、工事費が発生しないと言うのが安価である理由です。ただし両者とも浄水器の要であるフィルターの寿命は短いため、ランニングコストと言う面で見るとメリットは少ないと考えられます。

次に挙げられるのはシンク型です。こちらはシンクの上に設置するタイプで、先のふたつに比べると価格は少し高めになります。ただし基本的には設置工事は必要なく、フィルターの寿命も長め、浄水器としての性能も高いものが多いのでお得とも言えます。もう少し値段は高くなってもいいから、見た目にこだわりたいと言う人には、シンクの下に設置するアンダーシンク型が推奨されます。こちらは基本的には設置工事が必要となるので、価格は高くなりがちですが、本体を隠すことができるのでキッチン周りをすっきりと見せることができます。そして最後はRO式浄水器です。これはRO式と呼ばれる浄水機能を導入しており、その浄水機能は放射線物質をも除去できるとされているほどに高性能です。よって全種類の中でも値段は最も高額で、ランニングコストも高くつきますが、性能にこだわりたいと言う人にはぴったりなタイプです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *