浄水器を選択する際に比較する視点

浄水器とは、水道水を繊維や膜などのフィルターを通過させることにより、水道水に含まれる不純物である水道水の殺菌に使用された残留物である塩素、鉄さび、微生物等を除去する機器です。

その結果、場合によってはカルキ臭い水道水を使っておいしい水が飲めるという効用があります。この浄水器は、フィルターが内臓されているカートリッジを交換することでおいしい水を作る浄水器の機能を維持していきます。この機器を設置するとした場合、まず、形態を比較してどの機器を導入するかを検討することとなります。

この形態とは、水道水の蛇口にカートリッジが内臓されるタイプか、シンク等に設置し、水道水の蛇口からの水をこの機器を通すタイプか、また、少し発想を変えて水道水の水を入れたポットに浄水機能があるカートリッジを付けるポットタイプを選択するかです。これらの機能を比較してみると、まず、浄水器設置の目的である塩素等の除去の機能からいうと、シンク等に設置する機器のフィルターが大きいため一番除去機能があるといえます。その次に蛇口タイプという順番でしょう。

しかし、費用面で比較してみると、大きい分このシンク等設置型が一番高額になり、万単位の金額が必要となります。また、設置場所の確保という観点からいうとこのシンク型がスペースを一番広く取るものということがいえますし、蛇口型はそもそも浄水器対応の蛇口になっているのかを考える必要が生じます。どの視点でみるかにより、選択される機器は異なってくるので、自分の用途に即したものを選択するとよいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *