浄水器のタイプを機能別に比較してみる

浄水器は水道水を利用しながら、浄化されたそれを飲むことができる道具です。

ウォーターサーバーとは異なり水道水を利用するので、別途、水には料金がかからないと言うのが大きな魅力です。そんな浄水器には様々なタイプがあります。そしてタイプ別に特色が異なるので、それを比較して選択するのもひとつの方法です。まずは浄水機能の高さです。一概に言うことはできませんが浄水機能の高さは、フィルターの大きさによるところが大きいです。

フィルターの大きさを確保するためには、浄水器もある程度の大きさがあることが求められます。そのため比較的、大きな浄水器の方が浄水機能は高いと言えます。たとえばアンダーシンク型と呼ばれる、シンクの下に設置するタイプのものは、大きさもある程度あるため浄水機能は高い傾向です。ただ小型の蛇口直結型やフィルターカートリッジ内臓のポット型は、浄水機能はそれほど高くはありませんが、フィルターを頻繁に交換しなくてはならない、ひいてはフィルターを清潔に保ちやすいと言う点においてはメリットがあります。

次に設置のしやすさです。これは比較すると、やはり水道直結型に分があります。文字通り、水道の蛇口に直接、取りつけるだけなので工事も不要で、誰でも簡単に、購入したその日に設置して利用することができます。またボトル型は設置という概念そのものが不要で、その中に水を入れるだけで利用できます。ポット型なので一度に浄水できる量は限られていますが、それでも容器ごと持ち運びできると言うのは、他の浄水器にはない大きな特色です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *