浄水器の価格と設置方式

浄水器の価格は高い物から安い物まで様々です。

安い商品でしたら、2千円から5千円ほどで販売されています。しかし、高い物でしたら2万円、あるいは5万円ほどしますので、かなり価格差があります。安い物でしたら、2千円から5千円で購入が出来ますので、そこまで痛い出費にはなりません。

ですが、性能が高い本格的な浄水器が欲しいのならば、どうしても2万円を超える高い商品を買わなければいけないのです。基本的に、安い浄水器は蛇口直結型の商品です。これは蛇口に直接取り付けるタイプの物で、取り付けが簡単でどなたでもすぐに使えるようになる長所があります。しかも値段が安いので、初心者やとりあえず付けておきたい人におすすめ出来るタイプです。出来るだけ価格を抑えたい人は蛇口直結型の商品になってしまいます。

性能が高い本格的な商品でしたら、据え置き型かビルドイン型になります。デカいタンクのような物をシンクの上に置く据え置き型ですが、これは場所を大きく取りますので、シンクが狭い家庭には設置が厳しいです。しかし、それを取っ払った物がビルドイン型となります。これはシンクの下にある配水管、ここに取り付けるタイプで、これでしたら場所を取らずに取り付けられるのです。

この2つは価格が高く、2万円を超える商品が多いのです。しかし、浄水性能が高いので、値段よりも性能が大事でしたら、こちらを選びましょう。浄水器の価格についてですが、これは性能と設置方式によって大きく変わります。それなりの浄水性能でいいので、出費を抑えたい人は蛇口直結型です。そして、とにかく優れた浄水性能が欲しい人は据え置き型かビルドイン型を選びましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *