浄水器の価格をタイプ別ごとに比較

「水道水のカルキ臭が苦手」、「たまに小さな異物が含まれてる」、「なるべくキレイな水を使いたい」など、いろいろな理由で浄水器を使ってみたいと思っていませんか?浄水器はそうしたニーズに応えるべく、実に様々なタイプの物が販売されています。

例えば「蛇口取付け型」、「据え置き型」、「アンダーシンク型」、「ピッチャー・ポット型」、「セントラル型」などがあります。当然、それぞれのタイプによってコストは大きく異なってきます。最もシンプルなのが蛇口へ取り付けるタイプでしょう。価格は数千円~2万円程度で、コスト面で優れています。

また、本体とカートリッジを購入すれば自分で容易に取り付け可能ですから工事費用もかかりません。反面カートリッジの寿命は短く、数ヶ月ごとに取り替える必要があります。据え置きタイプの浄水器はシンク上に設置して利用するタイプで、価格は1万円~20万円と幅広いです。浄水能力は比較的高く、カートリッジ寿命は1年~数年程度と長めになっています。こちらも自分で取り付けが可能です。スペースを取るので広いシンク向けでしょう。アンダーシンク型はシンクの下に設置して利用するタイプで、数万円~数十万円となっています。こちらの場合は個人で取り付けるのは難しく、別途工事費が必要になるのでコストは高めです。

場所を取らずに利用でき、カートリッジの交換は1年に1回程度でよいのがメリットです。しかし、カートリッジ自体の値段は高めです。ピッチャー・ポット型は、フィルターの付いた容器に水を入れて用いる、持ち運びが可能なタイプです。価格は1000円~5000円程度になります。セントラル型は屋外の水道管に浄水器を取り付けるタイプで、価格は10万円~数十万円と高めです。更に工事費が5万程度必要になります。多くのタイプがあって迷うかもしれませんが、目的やコストを考えてご家庭にあった浄水器を使用してみて下さい。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *