ウォーターサーバーの天然水のガイドライン

ウォーターサーバーには天然水という言葉が使われますが、この天然水という言葉にはどういった意味があるのでしょうか。

天然の水という意味で用いられますが、完全に天然なわけではありません。ウォーターサーバーに用いられる天然水は、農林水産省のガイドラインのナチュラルミネラルウォーターに分類されるものを指す場合が多いです。つまり、天然の水を原水としたものを指します。天然のそのままではなくて、ろ過や加熱によって殺菌処理したものと考えれば分かりやすいでしょう。

ろ過や殺菌処理は行いますが、ミネラルの添加などは行っていません。不純物を取り除くとともに殺菌して安全性を高めただけで、ミネラルなどはそのままの状態であるものを指します。ミネラルは残っていることから、味が美味しくなります。なお、殺菌の方法は加熱と非加熱とがあります。かつては加熱しなければならないと定められていたのですが、殺菌の技術が向上して加熱しなくても安全に処理できるようになったこともあって、非加熱でも販売されています。

ただ、非加熱で天然水を販売するためには厳しい検索を経なければなりません。ウォーターサーバーにも非加熱のものがありますが、非加熱であるから心配だと考える人もいるようです。しかし、いろいろな検索によって、非加熱でも飲むことができることが示されているわけですから、危険なわけではありません。単に製造方法が異なるものだと考えるのが妥当です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *